charmed by a trout 〜山女に魅せられて〜

ドライでのライズフィッシングに魅せられ中(^o^)/
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

ヒゲナガカワトビケラ

ヒゲナガカワトビケラ

大型のトビケラです。
皆が、知っているようにヒゲナガは、春時期には、夕方(6時頃。それが日に日に遅くなる)ハッチして温かくなってくるとハッチ時間が、徐々に遅くなり夏頃には、ハッチ時間は夜中とかになります。

ヒゲナガが、出始まったらそこの川に居る大抵の大物の魚は、昼に出る虫には、ライズしないで、ヒゲナガのハッチを待って夕方から夜以降にしかライズをしないと言うのは、周知の事実です。
何故?魚の学習能力は凄く、昼間小さな虫にチマチマライズしながら、釣り人の危険を掻い潜ってライズするより、より安全な大きな虫が、一杯出て釣り人が帰った夕方以降に出る虫を食べた方が安全だと解っているのであろう。

毎日ヒゲナガを食べている魚達は、グングン大きくなり見る見る内に何センチ?時には何十センチ?と成長するから驚きだ。(この成長速度は、毎日イブニングした事がある方は理解してもらえると思う)

たまに真昼間に、ヒゲナガを川で見かける時がありますが、前の日に(夜)ハッチした個体か、朝ハッチした個体なのです。
これが多い所では、真昼間にハッチ無くても魚が居るであろう所で、フライをフラッタリングさせるとヒゲナガのスケーティングをする記憶が残っていて、魚がフライに出ると言う話を昔から聞きます。
昼間危険を冒してまで喰う、尺上サイズ!!!
ヒゲナガは、よほど食べて美味いのでしょう。

ラーバは、お馴染のクロカワ虫です。
これがピューパになると、石の裏とかに小石とかを使い巣を作ります。
この時にも、餌を捕ります。
どうやってかは、糸状の物を張って流れてくる餌を捕まえるとか。
その巣を食い破って、一気に水面に向かって浮上します。
水面に出たらシャックを脱いで、陸を目指してスケーティング開始です。

以下の画像は、5月頃の朝撮ったものです。
この頃は朝にもヒゲナガはハッチします。日が上がって数分で終わってしまいますが。
日が暗い内に用意して周りが明るくなってきたら川では、「ボコッ」とか音を立ててライズしていました。

ハッチ後岩登る

ハッチ後岩登り

翅広げパタパタ

翅広げパタパタ

体から水が落ちて

体から水が落ちて

アダルト完成

ようやく魚からの脅威は去ったのでした。

水生昆虫 | permalink | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |

???トビケラ

これもトビケラ

ケースのピューパの画像はあったの前回エントリーしましたが、フローティングピューパ体系の画像がありませんので、入手次第(来年解禁したら見つけます)アップしたいと思います。 

トビケラ

トビケラ(英語ではカディス)のアダルトです。

一口にトビケラと言っても種が、多すぎて特定が難しいのです。
実際に川で、トビケラを見つけて何種類も判定出来る人は、あまり居ないのではないかと思います。(僕もそうですけど)
ありがちな会話で出てくる言葉は、「ヤマトビのサイズが出てるよ」と「ヒゲナガが、出てるよ」では、ないでしょうか?

そうなると用意する、フライのサイズはヒゲナガ(大型)を基本として、もうワンサイズダウンさせた中型のサイズを用意しておけば良いかなと?
中には、コカゲサイズのトビケラも居ますけど!

実際自分の良く行く川に合わせてタイイングすると良いと思います。

次回は、一番肝心なヒゲナガカワトビケラのエントリーを考えております。


水生昆虫 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

落ち葉を利用したカディスのケース

落ち葉を利用したケース

前回紹介した石のケースに続き、落ち葉を使ったケース。

こんなケースを作るカディスのラーバ(幼虫)も居ます。

個体によって色々あるから面白いです。

水生昆虫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

カディスのケース

ケース

ヤマトビケラ(カディス系)が、石で作った幼虫(ラーバ)です。

こんなケースに入っていても、この状態で水中を這い回り、藻とかを食しているというから驚きだ。(その過程で鱒に、食われてストマックから出来てきたと思われる)

集団ハッチする習性があり、見えないライズ(虫を特定出来ないが、ライズしている)と言われる現象が起きたらヤマトビケラの場合が多い。

ケースを破って出た、蛹(ピューパ)はイマジャーで、水中(水面近く?直下なので、ライズリングは見られる)を、泳いで陸を目指し上陸し羽化する。

アダルトになった個体は、陸付近でスケーティングしているので、岸付近で誘い(意図的にスケートさせる)を入れたりすると良いだろう。

トビケラが全部こういった石のケースを作る訳では無くて、落ち葉を使ったケースを作るのが居たり、砂とか植物を利用した個体も居る。

水生昆虫 | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

トビケラの幼虫

トビケラ幼虫

何のトビケラの幼虫だか、名前は良く知らないが、去年ライズ探しに川沿いを歩いていて、ポイントを決め待っていた時に「ふっ!」と足を見たらウェーダーに着いていた。
(多分歩いていて、川底が舞い上がって足に付いたかな?)

この後桶を作りハッチするのだろうと思いながら川に返しました。
トビケラアダルトとピューパは、捕食対象になるので、たまに行く川の石をひっくり返して見るのも良いかもです。
カディスピューパが、偏食されてて痛い目にあった事が何度もありますから。

クリッパーとの比較。
クリッパーとの比較



水生昆虫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
まだブログを始めて1ヶ月ですが、これからもよろしくお願いいたします。

改めて、今後のブログの方向性は、自分の色んな経験を活かして、観覧してくれている皆さんにプラスになるようなブログを目指しますので、これからもよろしくお願いします。

一言 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

モルフォファイバー

モルフォファイバー

ティムコから新しく出たマテリアルです。
詳しくはこちらまで。

こんな感じ・・・

また使っていないので何とも言えないが、これをほぐしてスピナーの翅を演出するか?
羽化失敗の溺れたパターンに良いかも?



マテリアル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

エルモンヒラタカゲロウ

エルモンヒラタカゲロウ(雄)

エルモンヒラタカゲロウ(雄・ストマック)

4月に一番多くハッチする中型ヒラタカゲロウです。(ハッチ量は少なくなるが、4,5月以降もありです)
テールは、2本。
水中羽化ですので、フローティング形体は無し。
今まで無かった水面に、いきなり白い虫が「ポーン」と出てくる様に感じる程スムーズにハッチします。
エルモンが、ハッチした時のライズフォームは、「バシュ」とか「ガボッ」とかいったように派手になりますので、解りやすいです。

エルモンのハッチ時に、感じた印象はエルモンが出れば楽?
エルモンのハッチで、外した事がありません。派手なライズフォームでも解るのですが、多分この虫は、美味しいのだと思います。
川と天候・季節によってハッチ時間が左右されるが、出れば僕には、嬉しい虫です。

下の画像は、エルモンのメスです。

エルモンヒラタカゲロウ(雌)

エルモンヒラタカゲロウ(雌・ストマック)

メスはお腹に卵を持っていて、グリーン色していてわかり易い。
雄と雌の色違いで、タイイングする必要有りです。
グリーン色の方が、エルモンと認識されているのも事実で、フライも雌の方をフライに起こしているパターンが多いかな?
僕もそうですけど。。。

下は、参考画像です。
何かのヒラタニンフ(いわゆるピンチョロ)ニンフは、いわゆるピンチョロと呼ばれている川虫です。
写真は、エルモンのニンフでは、ありません
このエラがグリーンになるとエルモン?だと思う)



水生昆虫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ガガンボ

ガガンボ

ガガンボは、日本中にいて、その種類も数百とかいるそうです。
これは、多分日本で一番認識されているであろうウスバガガンボ(間違っていたら、ごめんなさい)です。
3月の早い時期からハッチし、5月位までハッチは定期的に続く感じだが、他の水生昆虫があまり出なくなっても夏位まではハッチしているので、頭に入れておきたい虫だ。

川によっては、少し黄色や黄色が強いのとか白っぽいのが、一番見れるかな?
サイズも大きいのとか、小さいのとか分かれます。
自分の良く行く川の、ガガンボの大きさを調べてタイイングするのが早道です。

水中羽化がメインで、一気に水面に出てくる為に、何時ハッチしたのかタイミングが取りずらいが、ガガンボがハッチした時は、水面を「ころころ」転がる様な光景に出会えるはずです。
空中に飛んでいるガガンボは、足が長く良く見れば認識は容易に出来ます。

ガガンボ(ストマック)

ストマック画像、こんな風にガガンボが混じるのは、珍しくなくて、と言うかかなりの確立で、出てきます。

多分捕食されるステージは、水中羽化なのでイマージャーと水面に出たて・産卵後、水面に落ちてカラカラになったスペント?が主かな?

水生昆虫 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

ユスリカイマージングガス

ユスリカイマージングガス

ユスリカが、ピューパ形体から羽化をする時に、ピューパはシャックと本体の隙間にあるイマージングガスの浮力を利用して浮上する。
その時のボディは、光の反射などによってピカピカと光るように見える。

ユスリカイマージングガス
ユスリカピューパ(ストマック)

あまり良い画像が無いのだが、ボディの周りにに空気をまとっているのが、解るだろうか?

フライで表現する場合コーティング等で再現する方法が多い。

水生昆虫 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |